下益城郡医師会 在宅医療
Shimomashiki Medical Association home medical care

在宅医療とは

ご存知ですか?在宅医療

在宅医療とは、通院が困難な方の自宅や施設などに医師や看護師、歯科医師、薬剤師などの医療関係者が訪問して行う医療のことです。医療や介護が必要になっても、住み慣れた場所で安心して療養生活が送れるよう、様々な職種の人たちがそれぞれの専門性を持って、支援を行っています。

日常の療養支援

・多職種の専門家の協働による
 医療の提供
・緩和ケアの提供
・家族への支援

看取り

住み慣れた自宅や施設など
患者が望む場所での看取り

退院支援

入院医療機関と在宅医療を担う
関係機関の協働による退院支援

急変時の対応

患者の病状の急変時における
救急往診体制および入院病床の確保

在宅で受けられる医療・介護の種類

訪問診療

医師が自宅などへ訪問し、診療や治療を行います。

訪問看護

看護師が、病状の観察、健康状態の管理、点滴、床ずれの処置などをおこないます。家族の相談・支援にも応じます。

訪問歯科診療

歯科医師や、歯科衛生士が入れ歯の修理や虫歯の治療、飲み込む機能の訓練や口腔衛生指導などを行います。

訪問リハビリテーション

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が日常生活での動作や身体の機能回復、福祉用具の選定などを行います。

訪問介護

介護福祉士やヘルパーがご本人への「身体介護」や「生活援助」のサービスなど療養上のお世話、日常生活を支援します。

訪問服薬指導

薬剤師が処方せんによる薬を届けます。訪問時は薬の管理方法の指導や飲みやすい形状への変更の相談などに応じます。

訪問栄養指導

管理栄養士が、病状にあった栄養量や水分量をとるための食事について、食品の選び方や作り方などの指導を行います。

福祉用具・住宅改修

本人の日常生活動作の支援や、家族の介護負担の軽減のための補助制度があります。

サービス利用の流れ

サービス利用の流れ

介護保険について

介護保険制度とは、市町村・特別区が運営し40歳以上の人が加入者となって、介護や支援が必要と認定されたときにサービスが利用できる制度です。

介護保険について