下益城郡医師会 在宅医療
Shimomashiki Medical Association home medical care

住み慣れた環境で「自分らしく」

在宅医療に関するお知らせ>一覧を見る

在宅医療について

我が国は国民皆保険のもと、世界でも類を見ない高水準の医療・介護制度を確立しています。65歳以上の高齢者数は、2025年には3,657万人となり、2042年にはピークを迎える予想です。そこで厚生労働省では、平成24年度より『できる限り、住み慣れた地域で必要な医療・介護サービスを受けつつ、安心して自分らしい生活を実現できる社会を目指す。』とし、在宅医療・介護を推進しています。疾病を抱えても、自宅等の住み慣れた生活の場で療養し、自分らしい生活を続けられるためには、包括的かつ継続的な在宅医療・介護の提供を行う事が必要です。このため、多職種協働により在宅医療・介護を一体的に提供できる体制を構築するため、市町村が中心となって、地域の医師会等と緊密に連携しながら、地域の医療・介護の連携体制の構築を図ってまいります。

詳しくはこちら

イラスト

在宅医療についてここが知りたい!

在宅医療サービスにはどんな種類があるの?

在宅医療サービスにも訪問看護・訪問介護・訪問リハビリなど、たくさんの種類があります、「どんなサービスがあるのかわからない。」という方はこちらのページをご覧ください。

詳しくはこちら

イラスト

サービス利用までの流れを知りたい。

要介護認定の申請の仕方など「サービスを受けたいけど、どういう手続きをすればいいの?」という方はこちらのページをご覧ください。

詳しくはこちら

イラスト

介護保険について詳しく知りたい。

「介護保険って言われてもよくわからない…」という方はこちらのページをご覧ください。

詳しくはこちら

イラスト